ココナッツオイル、エッセンシャルオイルの2成分で、主に下記の効果があります。
洗浄効果、保湿・保水、抗菌・殺菌、アロマテラピー効果

ティーツリーオイルをはじめとして、ユーカリ&ペパーミント、オレンジピール、 アロエエッセンス等が製品のニーズに合わせて配合されています。これらエッセンシャルオイルの効果で最も有名なのは、心への作用です。

神経系に働き、心を鎮めるセロトニンが分泌される。
シャンプー(グルーミング)をする時間の中で、 ペットも人も心を癒され(ストレスからの解放)、 安らぎを共有できることにあります。

保湿作用を持つ洗浄成分ココベタインに、ペットのニーズに合わせ、成分構成に工夫を凝らして製造設計を致しました。

シャンプーをすると皮膚表面の皮脂は取り除かれ、透過性が増します。
しかし外界の影響を非常に受けやすく、合成成分の場合、添加されている分だけ皮膚障害の可能性は高くなります。

[主な皮膚障害の具体的な状態]
アレルギー・・・合成成分が皮膚を通して体内に入り込み、悪影響を示した状態(例:発疹・かゆみ) 乾燥肌  ・・・皮膚の細胞を傷め、水分が保持できなくなる状態。

「やさしさ」の秘密は、個々の成分の濃度と天然原料の多様性です。
化粧品にも使用できる原料の安全性・洗浄力は天然原料も合成原料も同じレベルかも知れませんが、天然原料の素材を生かして作られているものは肌への ”やさしさ”が違います。皮膚表面は皮脂に被われているのですが、シャンプー時にはその皮脂の多くが取り除かれ皮膚表面は成分の影響を非常に受け易い状態になります。
一般的なシャンプーでは1~3種類の合成原料の洗浄成分から成っていますが、天然原料のココナッツオイルでは代表的な6種類もの脂肪酸(洗浄成分)から成っています。
ですから、同じ洗浄力でも、個々の洗浄成分の濃度は低くなるので、皮脂が取り除かれた皮膚の表面には低刺激で肌にやさしいと言えます。

・低濃度の洗浄成分を多く含んでいること
・個々の洗浄成分が低濃度で働いていること
・個々の洗浄成分の多様な働きが証明されていること

このことからやさしい製品には植物(天然素材)の多様性が必要と考えました。
 仔犬用シャンプー
お肌がまだ敏感なパピーのための非常にマイルドで低刺激のシャンプー。採れたてのサクランボエッセンスを配合した贅沢なシャンプーで毛並み・香りがアップします。
 低刺激シャンプー
アレルギーを持っていたり敏感肌にオススメです。肌をなだめるアロエをふんだんに使用しており仔犬や仔猫にも最適な優しいシャンプー。
 オートミール&アロエシャンプー
カサカサした乾燥肌をしっとりとさせるオートミールを配合。 その保湿効果の高いオートミールをコロイド状にして含有しており皮膚や被毛への浸透効果も非常に高くなっております。
 ティーツリー&アロエシャンプー
かゆい部分や熱をなだめる効果が高いティーツリーオイルを配合したシャンプー。 フケ・擦りむけた肌・ノミに噛まれた部分等をやさしくシャンプー出来ます。
 ユーカリ&ペパーミントシャンプー
ノミやその他の皮膚炎による炎症を冷却・緩和しながら、肌の問題を優しく解消します。爽やかな香り・毛並みを輝かせ、柔らかくする効果を実感出来ます。
 オレンジピールオイルシャンプー
オレンジの皮から採取した香りの良い天然オイル、D-リモネンを含有しております。 D-リモネンはデオドラント効果・油分や汚れの洗浄・かゆみの緩和等、様々な効果を発揮します。
 クリームリンス&コンディショナー
スイートアーモンドの甘い香り・マイルドで艶やか・柔らかな手触り・サラサラ感・・・・・シャンプー後の保湿効果が高く、被毛のからみを防ぎます。また、くし通りを良くし被毛の艶出しにも効果的です。